×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パチスロ 勝ちたいネン
ホーム パチスロ機種一覧オンラインカジノ攻略情報消費者金融攻略情報 F X攻略情報eワラント攻略情報 問い合わせ

お金を借りるための基礎

取引明細書の重要性

取引明細書って?

 消費者金融会社に限らず、場合によっては友人同士の間でも、金銭の取引をした場合は,証明書として取引状況を書面に残しておきますよね。

 特に大手の消費金融会社と返済や借入の取引した場合は、必ず明細書を交付してもらえます。(明細書を交付してもらえない金融会社って・・・・;)
 
  通常、交付される書面は、一枚の紙切れで済ませられることが多いので、あまり重要な書面に思えないんですよね・・・。
 
  借金を人に知られないために、証拠隠滅として、すぐに明細書を捨てる人が多いんです。

  しかし、たった一枚の紙でも、交付された書面には金利や返済期限・返済残額が記載されており,今後の取引について、明細書の役割を果たす非常に重要な書面なのです。

 ここ最近は、ATMの利用者が増え,取引明細書の重要性を知らずに簡単に捨てる人が増えてきていますのお取引の際は、十分に気をつけてください。

なぜ取引明細書が必要なの?

 自分の借金の状況については、出来れば返済期日まで考えたくないし、取引明細書を見ることもあまり気分の良いことではありませんよね、しかし、以下のことに対処するためには、必ず取引明細者が必要となってきますので、取引明細書は大切に保管しておきましょう。

  1. 債務整理時に必要

    債務整理になった場合、「債務一覧表」を作成する必要があります。
    「債務一覧表」は利用開始時からさかのぼって記入しなければならないので,取引明細書をきちんと保管しておいた方が良いでしょう。

  2. 金融会社からの不正返済請求に対処

    大手の金融会社でも、自分の取引状況を把握せず,借りた金額のみ返還すれば問題ないと思っている利用者に対しては、本来の返済額以上の額を請求してくる場合があるので,必ず,取引明細書は保管しておくようにしておきましょう。

    大手の金融会社だから大丈夫だと言う安易な考えは金融会社は、絶好のカモになってしまうので注意しましょう。