×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パチスロ 勝ちたいネン
ホーム パチスロ機種一覧オンラインカジノ攻略情報消費者金融攻略情報 F X攻略情報eワラント攻略情報 問い合わせ

お金を借りるための基礎

利息の基礎

利息とは?

 利息とは、借金をすれば必ずと言っていいほど、付いてくるもので、簡単に言えば、お金を借りた際に支払う賃貸料みたいなものです。また、一定期間内に支払う利息の率を金利といいます。

 消費者金融会社会社の利息の決定方法

 消費者金融会社がお金を貸す時は,たいていの場合,出資法の制限利率内で年利を決定しています。
理由は、利息制限法を違反していても、年利29.2%以内であれば出資法に違反しておらず、刑事処罰の対象とならないためです。

利息制限法と出資法の制限利率の違い
 利息制限法の年利        

   
       
  • 元本10万円未満の場合          年20%以内

  • 元本10万円以上100万円未満の場合  年18%以内

  • 元本100万円以上の場合         年15% 以内

 出資法による最大年利
  • 貸し出し金額を問わず,最大年利29.9%以内
 利息制限法の制限利率を越えて利息を請求れた場合
  • 民事訴訟で制限を越えた部分の契約無効を主張できるだけ。
 出資法の制限利率を越え利息を請求した場合
  • 出資法違反となり刑事処罰(5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金)の対象となる。
グレーゾーン金利とは?

 「利息制限法」の上限金利から「出資法」の上限金利の差をグレーソーン金利と言います。

利息制限法以上の金利で返済していた場合

 利息制限法以上の金利で返済をしていた場合、今残っている借金を利息制限法の上限金利で計算し、正当な金額に直す必要があります。これが任意整理特定調停などの債務整理の方法です。

 利息制限法の上限金利を超えて返してしいた利息分は、元本の返済とみなされ、払い過ぎていた利息があれば、借金の残額が少なくなります。

本来の返済額以上を返済をしていた場合

 消費者金融会社に本来の返済額以上を返済していた場合、貸金業者との直接の話し合いや訴訟といった手段が考えられますが、法律上はいくら、本人に正当性があったとしても、現実的に個人が貸金業者と直接話し合いをするのは難しいと思われので、弁護士等の専門家に相談し、権利をきちんと主張できるようにした方が良いでしょう。