×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パチスロ 勝ちたいネン
ホーム パチスロ機種一覧オンラインカジノ攻略情報消費者金融攻略情報 F X攻略情報eワラント攻略情報 問い合わせ

お金を借りるための基礎

お金を借りためには?

お金を借りるための条件とは?
  1. 成人の(満20歳以上)男性・女性
     ※クレジットカードは、親権者の同意を得ることで、満18歳以上であれば申込が可能ですが、消費 者金融会社では原則的にお金を借りることはできません。

  2. 仕事をしている、または安定した収入のある人
     定期的な収入が無くても、安定した収入があれば大丈夫です。

  3. 外国人でも条件さえクリアすれば借入は可能
     本人確認書類が用意できれば問題はありません。
     永久査証か無ければ、「外国人登録証明書」でもOKです。
     ※「日本語の理解」「在日年数」「就業状況」が必要となることがあります。
お金を借りることが出来ない人とは?
  1. 勤続年数の不足
     勤続年数が短いと断られることがあります。
     ※最低でも、1年以上の勤続年数が必要です。

  2. 住所が不定
     契約書には必ず、「現住所」を記入する欄があり、住所欄に住所をかけないような人は、お金を借りることが出来ません。

  3. 属性の問題
     消費者金融会社でお金を借りるための申請を行った場合は、申し込んだお客さんとほど同等の属性(職業とか年齢性別とか)の顧客の利用状況を参考にして判断します。
      その顧客がお金を貸し借りで問題を起こしていたときには、新規申込者に問題がなくても、お金を借りることが出来ない場合があります。

  4. 親族や勤務先の同僚が借入れをしている場合
     申請者の勤務先の同僚が、何人も申請中の消費者金融会社から借入していたり、申請中の消費者金融会社の既存客の中に、申請者の親族がいる場合などは、お金を借りることが出来ない場合があります